高文研

トップページ >> お札

お札

 前々回、「札束が本の束に見えたり、本の束が札束に見えたりする」と書きながら、クレームが来たりしてと少しだけ思ったけれど、来なかった。どんなに花の好きな花屋でも、花束が札束に見える瞬間はあるのではないだろうか。商売をしていたら。

 私の本と相手のお金を交換して、帰りにそのお金で野菜を買ったら、ああ本が野菜になったんだと思う。お店やさんごっこのように毎日を過ごしている。

 家に帰るとその日の売上と現金が合っているか確かめる。それから両替袋を出して、明日のおつりをつくる。
 おつりの金種は少しずつ変わっている。最初は前のお店の人に教わったとおりにしていた。「み~きゅるきゅる Vol.7 牧志公設市場」が発売されてからしばらくは10円玉が足りなくなり(定価360円)、10円玉を増やし、そのぶん50円玉を減らした。『もの食う本』を扱っているあいだは5円玉と1円玉も少しずつ用意した(定価777円)。

 おつりをつくりながら気になるのは、お金の状態である。特にお札は小銭入れに八つ折にされていたのや水に濡れたのや洗濯してしまったのやいろいろ受けとるので、これはとてもお客様にはお返しできないというのがある。

 では、いつ使うのか。私がお客として買い物に行ってこれを出したら、まためぐっていく。誰がどこで止めるのか。
 銀行の両替機に入れてみる。何度か拒まれたのを無理やり伸ばして読み込んでもらい、500円玉に替える。何事もなかったかのようだ。傷んだお札はきっとこのまま回収されて、再び市場に出ていくことはないのだろう。

 古本は状態によって価値が変わるのに、お札は変わらないうえきれいなものに交換するのも簡単で、いいなあと思う。

Posted by uchinan : 16:28 | Page Top ▲