高文研

トップページ >> 大市

大市

 今日は朝から沖縄古書組合の大市があった。2ヶ月に1回ある業者間の市が、年末は部屋の数も時間も倍、出品数は倍以上の特別版になる。朝9時に北中城に集合し、夕方5時まで。そんなに長時間何をするのかと思ったけれど、本を並べて、見て回って、入札して、開札して、あっというまだった。熱気とあまりの冊数に息がつまって何点か見落とした。でも楽しかった。

 いったん解散してから、新都心で忘年会。肉を焼く。女性4人でテーブルを囲んでいたら組合会長で榕樹書林社長の武石さんがやってきて、
「沖縄の古書組合の女性比率は全国一」
というお話をされる。
「組合員が増えているのは沖縄だけ」
とも。
 どうにか盛り上げていこうと激励されても、まだ自分のことで精いっぱいだ。まずは来年もこうして大市に参加できるよう、1年無事にやっていけますように。

 終わったあと、有志はカラオケに流れる。濱里さんの「行こうよ」という誘いをお断りしながら、去年の9月のことを思い出した。自分が古本屋になるとは全く思わずにいたころ、同じように濱里さんに誘われたことがあったのだ。このときは、行った。

 つづきます。

Posted by uchinan : 23:49 | Page Top ▲