高文研

トップページ >> 古本とコーヒー

古本とコーヒー

 那覇のパラダイス通りから路地を入ったところに、「ひばり屋」というお店がある。路地の途中に塀があり、塀の向こうに庭があり、庭の奥に屋台があり、屋台にコーヒーがある。沖縄に来たばかりのころ、
「ここ、コーヒー屋さんなんだよ。今日はお休みみたいだけど」
といわれて、
「ここが!?」
と信じられなかったほど、店としてありえない場所にある。でも、あとで行ってみたらとても居心地がよくて、ときどき通うようになった。

 今日は昼から、若狭の古本屋「ちはや書房」さんが出張販売されているのを見に行ってみた。
 ちはや書房さんは水木しげるを激推ししつつ、沖縄本もその他のジャンルもバランスよく揃え、新刊や雑貨も扱っている。圧巻なのは壁面の文芸書で、眺めていると、忘れかけていた血がワーワー騒ぐ。

 今日はかわいい本が多いのかなと思いながら棚を見ると、ところどころに茶色い函入りの本や、カバーのない古い本も置かれている。
「ひばり屋さんのお客さんは本好きな人が多いんですよ」
とちはや書房さんに聞いても、でもまさかここで……と半信半疑だった。

 が。横目で見ていると、売れていく大半はかわいい本なのだけど、茶色い本もまれにまじっている。買っていくのはかわいい女性である。なぜここでこれを、と聞いてみたいくらいである。
 ジュンク堂の袋を持っている人も何人もいた。
「いつも寄ってから来るよ」
と話している。みんな本が好きなんだな。私なんかには推し量れないくらいに。
 古本とコーヒー、定番だからこそ、侮れない組合せなのだと知った。

 札幌では古本とビールの店「アダノンキ」に連れて行ってもらった。私の父のふるさとの、「あら川の桃」を使った「箕面ビール」を飲んだ。
 那覇の牧志公設市場の向かいにある古本屋「とくふく堂」は、古本とソーダ。伊江ソーダを出している。(でも今月末で閉店。伊江ソーダは完売してしまった。)途中までヤギミルクもあった。古本とヤギミルク。
 はてさて。

Posted by uchinan : 19:41 | Page Top ▲