高文研

トップページ >> 魔法の鏡

魔法の鏡

 卒検に合格した。自動車学校の話です。
 終わったあと、卒業手続きのため会計に並ぶ若者たちの顔があまりにも明るく輝いていて、びっくりした。18歳くらいの子たちが、「受かったよ」「よかったー」とお互いに喜びあっている、そのさまを見ているだけでじんとするほど。人はあんなにうれしそうに笑えるのか。
 そのなかのひとりの男の子が、始まる前に電話をかけて
「いや、まだ。1時半から。緊張してるから電話してくんな」
といって切っていた。受かって会計を済ませたあと、また電話しているのが見えた。彼女か、家族か。いいなあ。

 札幌に住む友人(元同僚)が誕生日を迎えた。当日中に知ることができ、なんとかお祝いを伝えられて、よかった。
 本当は飛んで会いに行きたいけど、といいつつ、実は来週会いに行く。何も沖縄から行かなくてもいいだろうと自分でも思う。神戸で乗り継いで、那覇空港から千歳空港まで4時間20分の旅。持っていく本を吟味しないと。

 本には全く関係ない話だけど、なんとなく、書きとめておきたかった。失礼しました。

Posted by uchinan : 22:13 | Page Top ▲