高文研

トップページ >> 本と本屋と

本と本屋と

 NTT出版のWebマガジン「WebnttPub」に連載させていただいている「本と本屋と」が、8月29日で最終回となった。全25回。第1回「桃色の本」は新潟店開店の話だから、2007年に始めたことになる。

 連載のきっかけは、NTT出版の島田さんに新年会の二次会で
「何か書いてみない?」
と声をかけられたことだった。
「やりたいです」
と言ったものの原稿は1本もなく、春になるまで何も書けずにいた。

 そのあとものろのろと更新して、2009年に那覇店に異動してからは余裕がなくなり、1年以上間を空けてしまった。それでも
「いかがですか?」
と毎月声をかけてくださった島田さんに、本当に感謝している。私が編集者ならとっくに打ち切っているだろう。

 私が書店を辞めることにして、今度こそ連載は終わりだと思ったのに、
「いったん最終回にして、また仕切り直しましょう」
と言ってくださった。
 このご恩に報いるため、二度と原稿を遅らせないようにしたい。心からの誓いである。

 最終回「本屋になる」は7月に書いた。まだ辞めることもあまり言っていなくて、決意表明の練習をするような気持ちだった。
 7月末で辞めて、8月は自練と引越しに明け暮れた。どちらも新しい本屋を始めるための準備だけれど、本とも棚とも関係がなくて、体力ばかり使って、ぼんやりしていた。
 さきほど新しい部屋で初めてネットにつなぎ、1ヶ月前に書いた文章を読んで、ずいぶん言い切ったものだなとあきれた。それでも、これが初志なら貫徹するしかない。

 来月の目標は、車の免許をとり、部屋を片づけて、本屋になっていくこと。皆さま9月もよろしくお願いします。

Posted by uchinan : 22:15 | Page Top ▲