高文研

トップページ >> 島ぞうり手彫りデザインブック

島ぞうり手彫りデザインブック

 バックヤードの床に置かれた段ボールを開けたら、思いもよらないものが出てきた。

『島ぞうり手彫りデザインブック』

 ブランドムックのような箱のなかに、なんと島ぞうりが入っている。よく見ると、[23センチ][24センチ][26センチ]の3種類ある。まさか本屋で足のサイズ別の商品を売ることになるとは…と、出版社のアイデアに恐れ入った。

 島ぞうりとは、沖縄の靴屋で売っているビーチサンダルである。色が10色近くあり、サイズも豊富で、400円と値段もお手ごろ。底が白い面と色のついた面の2層になっていて、白い部分を彫って模様を浮かび上がらせた島ぞうりもよく見かける。

 中でも有名なのが、牧志から読谷に移転されたばかりのマキノコ製作所さん。ここの小山真紀さんがこの本の監修とデザインをされている。附属のブックレットには島ぞうりの掘り方に可愛いデザイン、そして沖縄の風景が載っている。

 消しゴムはんこの本に消しゴムがついているのならわかる。手彫り島ぞうりの本に島ぞうりは、すごい。

 沖縄でこの本は売れるだろうか。
 その辺で400円で売っている島ぞうりに本がついて、1470円。島ぞうりのサイズは3種類で色は選べない。
 ちょっと難しいかもな、と思った。でも、これを買ったらきっとまた違う柄が彫りたくなるから、近所で島ぞうりを買い足すだろう。そのときは色も柄も選び放題だ。最初の練習用だと考えれば、そう高くもない。
 島ぞうりにも島ぞうりアートにも慣れ親しんだ沖縄県民こそ、手に取るのかもしれない。

 かくいう私も沖縄に来たばかりの頃、安里のこぺんぎん食堂で見た島ぞうりアートに感激して、帰りに平和通りの靴屋で島ぞうりを買った。もちろん彫れず、そのまま履いている。

Posted by uchinan : 23:52 | Page Top ▲