高文研

トップページ > 2011年06月

リブロが本屋であったころ

 『リブロが本屋であったころ』(論創社)。

 著者の中村文孝さんは、ジュンク堂書店池袋本店の地下2階の商品課で、取次や出版社の人と商談したり、返品のなかからまだ売るべき本を拾ってきたり、山のような注文書や常備申込書に数を入れたりしていた。

 私は入社してから数年、「こわもて」としかいいようのない様子におそれをなして、話しかけることもできなかった。それが少しずつ声をかけられるようになり、何かと相談するようになり、仕事に関係ない話もするようになった。

<棚に品揃えをするのは定番になっている本、今を表現している本、売ってみたい本、そしてそれらと比較されるために置かれた本の四つしかない>(p.85)
<出版社からほめられたら、書店員としては恥だと思え。本では差をつけてもいいけど、出版社では差をつけるな>(p.142)

 中村さんに相談すると、返ってくるのは上のような言葉だった。こちらは具体的な問題を抱えているのに、答えはいつも抽象的で、経験の浅い私には禅問答のようだった。この本を読んで、少しだけ文脈がわかった気がする(まだまだもっともっと掘り下げてもらいたいけれども)。

<リブロに関してはいえないこともたくさんあるし、バブルだったからと批判されてもかまわないが、本当に不思議な時代でもあったし、あのような書店の時代は再び出現することがないような気がする。だからこれは私だけの勝手な思いかもしれないが、かけ替えのない時代を生きたような気がしている>(p.181)

 中村さんの盟友(?)、田口久美子さんの『書店風雲録』(本の雑誌社)も久々に読み返してみた。彼らの「リブロ」は、今の本屋とは全く別の力を持った、特別な場所だった。「今泉棚」を目にしたこともない私は、数々の伝説を聞いてはその活気をうらやみ、「もう少し早く生まれていれば」くらいに思っていた。

 「いい時代だった」といわれるけれど、改めて思う。そうではない。この人たちだから、「リブロ」ができた。この人たちが、いい時代をつくっていた。その自負は、この一見奇妙な書名にも表れている。

 休みの日に出版社の倉庫まで出かけていって絶版本を集めたり、便利な取次であっても正味を気づかって注文しすぎないようにしたり、足も頭も使って、自分の店の棚や電話の向こうの出版社だけでなく、その背後にいるものまで相手にしていく。配本や再販制度といった出版業界の慣習にとらわれず、喧嘩も辞さない。

 この本を置こうとか隣に並べようとか、それだけ考えていても本屋はよくならない。どういう仕組みで本が入ってくるのか、誰が得をするのか、お客様はどんなふうに買うのか、すべてを見据えて動かなければ、何も変わらない。決められた枠のなかでどんなに一生懸命やったつもりでも、それは箱庭だ。何かを打ち破らなければ。

 中村さんはいつもそんなふうに話していてくれたんだなと今さらのように思った。細々した作業のしかたより、もっと大きな、私にとっては哲学のような話を。

 3月で定年だ、もうきっぱり辞めて休むよ、とおととしの秋に会ったときは笑っていたけれど、去年の10月に「LLPブックエンド」という出版社を立ち上げたようだ。中村さんは出版業界を見限っていない。心強い。

Posted by uchinan : 22:25 | Page Top ▲

球陽堂書房

 EKE(ゑけ)という詩の同人誌がある。中里友豪さんが中心となり、1985年に始まり現在38号まで出ている、息の長い雑誌である。ジュンク堂書店那覇店でも販売している。

 4月の終わりに、このEKEの会に参加させていただくことになり、県立図書館でバックナンバーを見てみた。
 めくっていたら球陽堂書房の広告が目に入った。1985年のNO.2の裏表紙の見返しには、下のように出ている。

-------------------------------

沖繩唯一の総合書店…球陽堂書房
 西原店9月7日オープン!

1階 雑誌・実用書・婦人書
   文芸書・沖繩コーナー
   文庫・新書・児童書
   小中学参・高校学参・辞典
   カセット

2階 専門書
   (略)

本店 牧志3丁目2-5
    国際ショッピングセンター 1F2F
    AM10:00-PM8:00
    定休日 第2・第4水曜日

西原店 西原町字翁長531
     AM10:00-9:00
     定休日 第2・第4水曜日

-------------------------------

 国際ショッピングセンターは、国際通りの三越の斜め向かいにあった。土産物屋も、ゲームセンターや飲食店もあって、地元の人に聞くとそれぞれに思い出を語ってくれる。2000年の1月に閉店し、現在のてんぶす那覇になった。
 本店は国際通りを転々として、現在のおもろまちのサンエーに落ち着いた。
 西原店も今はなく、少し離れたサンエーに「西原シティ店」ができている。

 と知ったように書いてみても、サンエーに入るまえの店には行ったことはない。ただ、25年前も本屋のジャンルというのはさほど変わらないのだなと思うだけである。「沖繩コーナー」もすでにあり、目を引くのは「婦人書」「カセット」くらいだ。

 それより「沖繩」という表記に思い入れを感じる。球陽堂は毎号広告を出しており、1987年4月発行のNo.6までは「沖繩」だが、1987年11月のNo.7から「沖縄」に変わっている。この半年のあいだに、球陽堂に何があったのだろう。

 EKEの会は桜坂のおもろという居酒屋で開かれた。
 東京にいるときから愛読していた、『詩集 坊主』(ボーダーインク)の花田英三さんにお会いした。詩からイメージされるのは「不良のおじいさん」だが、とてもきちんとした紳士だった。
 屋根で雨の音が鳴り続けていた。

Posted by uchinan : 11:31 | Page Top ▲

沖縄県産本5月ベスト

 先週の台風は、ベランダの境にある防火壁をバラバラに割って落としていった。隣の家が筒抜けになった。

 ジュンク堂書店那覇店の5月の沖縄県産本の売上ベストを紹介します。
-----
1.沖縄苗字のヒミツ(武智方寛、ボーダーインク)
2.蔡温の言葉(佐藤亮、ボーダーインク)
3.通詞牧志朝忠の生涯(長堂英吉、ニライ社)
4.トートーメーの民俗学講座(波平エリ子、ボーダーインク)
5.目からウロコの琉球・沖縄史(上里隆史、ボーダーインク)
6.沖縄戦(アメリカ陸軍省戦史局、出版舎Mugen)
7.よくわかる御願ハンドブック 増補改訂版(「よくわかる御願ハンドブック」編集部、ボーダーインク)
8.うちなー観光教本(財団法人沖縄観光コンベンションビューロー)
9.琉球歴史の謎とロマン その2 人物ものがたり(亀島靖、沖縄教販)
10.琉球・沖縄史 ジュニア版(新城俊昭、編集工房東洋企画)
-----

 2位の『蔡温の言葉』は、4月末に出た。蔡温は、琉球史のなかでもっとも著名な政治家である。外交に長け、農業や林業の現場でも活躍した。多数の著書を遺したが、現在、手に入るのは『林政八書』(農山漁村文化協会)くらいである。
 その偉人の言葉を簡単に読むことができるのだから、売れないはずがない。まだまだ売れるだろう。なお、『蔡温・伝記と思想』(真栄田義見、月刊沖縄社)はISBNがないため検索にかからないが、当店には在庫がある。3月の欠本補充のときに、入れていただいた。

 『うちなー観光教本』は、半年ほど品切れしていたのが5月中旬に販売再開された。沖縄の歴史や文化に関する本は数あれど、地理や産業がわかる本は少ない。1冊で全てが網羅できる、便利な本である。

 あと、ひとつ追加を。
 しつこく取り上げた『沖縄県史 各論編 第5巻 近代』(沖縄県文化振興会史料編集室、編集工房東洋企画)。先月は8冊売れて、12位にランクインした。累計では10冊売れ、夢の10万5千円を早くも達成! 万歳!
 在庫はなお10冊ある。はずみをつけて、さらに追加していきたい。

Posted by uchinan : 11:57 | Page Top ▲