高文研

トップページ >> ミナミヤンマクラブ

ミナミヤンマクラブ

 ボーダーインクの新刊『ウーウートイレ』(アンクル・カヤ)。

 『琉球怪談』以来、出版業界(の一部)は怪談づいている。那覇店で2度にわたって開催されたイベントは驚くほど盛況だった。同時期に仙台の出版社の荒蝦夷が『みちのく怪談名作選 vol.1』を出したことから「ふるさと怪談」が盛り上がり、震災を経て、5/7には「ふるさと怪談トークライブ」がチャリティー・イベントとして沖縄で開催された。那覇は若狭の古本屋、ちはや書房さんが中心になっている。

 今度の新刊もすでにイベントの話が持ち上がっており、怪談業界がますます盛り上がることはまちがいない。こわい話の苦手な私としては、どう関わっていくか悩ましいところである。

 ところで、『ウーウートイレ』の表紙には「小学校の"読み聞かせ”から生まれた沖縄のこわ~い話」とある。これは『教室で語り聞かせるこわ~い話』(山口理、いかだ社)をヒントにしたそうだ。

 いかだ社は「こわ~い話」を何点か出している。いかだ社の新沼さんが『恐怖の5分間 子どもに話すこわ~い話 低学年』『中学年』『高学年』の営業に来られたときは、思わず、
「こわい話の需要はそんなに細分化しているんですか!?」
ととがめてしまったのを覚えている。学年別になっている意味がわからなかった。表紙もおどろおどろしい。しかし、これはよく売れた。今でも夏になると売れる。不明を恥じるのみである。

 新沼さんは社長で、えらいのに、えらそうにしない。汗をかいて全国の書店をめぐっている。仕事よりトンボが好きである。好きすぎてミナミヤンマクラブという出版社を立ち上げ、トンボの本とDVDをつくっている。トンボのために年に3回くらい沖縄に来て、日焼けして半袖シャツで現れる。いつも泡盛を飲ませてくれる。私の世迷いごとを一蹴してくれる。

 トンボと沖縄を愛する新沼さんは、自社の本が沖縄の出版を盛り立てるのに一役買ったと知ったら、喜んでくれるのではないだろうか。

Posted by uchinan : 22:40 | Page Top ▲