高文研

トップページ >> 『私たちが伝えたい琉球料理』

『私たちが伝えたい琉球料理』

 昨日は地震で滞っていた商品が一気に入り、いつもの倍近い荷物が来た。ひたすら棚に入れる。

 夕方もすぎてようやく一息ついたころ、琉球プロジェクトから納品がある。琉球プロジェクトは、琉球新報社の本を中心に、県内の出版物を扱う取次である。注文した補充品のほかに新刊もいくつかまじっている。
「あ、これは」
 『私たちが伝えたい琉球料理―おいしく作ってわが家の食卓に―』が入っていた。
 昨年11月の琉球新報に、沖縄友の会琉球料理グループの方が自費出版したという記事が載っていた。きっと問合せが来るなと思いながらも、連絡できずにいた。
 それが、めでたく琉球プロジェクトと取引を始めてくださったらしく、入ってきた。ありがたい。

 前に『やんばる樹木観察図鑑』の問合せを受けた。ネットで調べても情報がなく、
「大変申し訳ありませんが、わかりません……」
とお答えしてしまった。
 しばらくしてから、沖縄教販(こちらも取次)の人に、
「そういえば新しく取り扱いを始めたんですけど」
と、『やんばる樹木観察図鑑』の見本を見せられ、思わず声をあげてしまった。
(入れたらあっという間に完売して、現在は沖縄教販にも在庫なし)

 沖縄はとにかく自費出版が盛んで、新聞でもしょっちゅう取り上げられる。最初のうちは全て連絡せねばと意気込んでいたが、あまりの量に力尽きてしまった。(詳しくはWebnttpub「本屋はいざなう」をお読みください)
 連絡しても、相手が個人の方だと納品書の書き方がわからなかったり、振込先の口座番号が間違っていたり、定価が毎回変わったり、電話がつながらなくなったり、何かと手こずる。
 それを思うと、取次というのはしみじみありがたい。ふだんのルートで新しい本を入れてくれるのだから。何の苦労もない。

  『私たちが伝えたい琉球料理』、感謝の気持ちをもって、売らせていただきます。

Posted by uchinan : 11:15 | Page Top ▲